スポンサードリンク




不動産担保ローンには、非常に大きなメリットがあります。それは、自前の不動産を担保にして借り入れをするなら、無担保のカードローンとは比べものにならないくらい大きな金額を借りることができる点です。しかもそれだけではなくて、このローンでは金利も低く設定されているので、利息の支払い負担も小さくて済むのです。こうした大きな融資枠と低金利こそは、正に魅力たっぷりのメリットであると言えます。
しかしその一方で、不動産担保ローンのデメリットについても事前にしっかりと理解しておく必要があります。そのデメリットとは、もしも万一返済が出来なくなってしまうと、担保にした不動産は没収されてしまうという点です。
たとえば自宅のマイホームを担保にして3000万円借り入れしたとします。しかし返済に行き詰まってしまったら、大切なマイホームは人手に渡ることになってしまうのです。不動産担保ローンには大きなメリットがある反面、このように非常に大きなリスクも伴うのです。
それゆえ不動産を担保にしてお金を借りる際には、念には念を入れて事前の返済計画を立てておく必要があります。そして、必ず無事故で完済できる確かな見通しを確保しておくことが肝心です。その見通しは、絶対に甘くてはいけません。そうではなく、少しくらい予期しない事態が発生しても、返済が滞る危険は無いようにしておかなければなりません。
そのためには、何よりも十分に余裕を持たせた返済計画を立てることが大切です。こうした余裕とは、そもそもどんな種類のローン商品にも必要なことですが、不動産担保ローンの場合は、特に十分な余裕が必要になるということです。そんな余裕さえ確保できれば、デメリットも恐れることはなくなることでしょう。




スポンサードリンク