スポンサードリンク




お金を借りる方法はいくつかの種類があり、もっとも手軽に借りることができるのがカードローンなどの融資枠を設定したものです。
カードローンの場合には借りる側が保証人や担保を用意することがないメリットがありますが、一方でカードローンではその本人を信用力を担保にお金を融資するサービスであるため高い信用力が必要になります。また個人の収入では借り入れられる額も限度がありますし金利も高めです。特に金利の高さは収入が減った場合などには返済そのものが困難に陥るリスクがあります。
一方で、担保として不動産を差し出す不動産担保ローンでは担保に入れた不動産の価値に応じて借りられる金額が決められます。特にメリットとしては、担保があるため借りる側の個人そのものの信用力に比べて大きなお金を借りることができますし、またカードローンなどのローン商品に比べて低金利といったものがあります。

一般に不動産担保ローンと言われるものは、フリーローンに分類されます。フリーローンでは用途は原則自由であるため、さまざまな資金調達に使うことができるメリットがあります。特に不動産担保ローンを利用できるようにすることで、つなぎ融資などすぐにお金が必要といった場合に迅速に融資を受けることができます。不動産担保ローンを提供しているのは銀行などの金融機関のほかノンバンクも行っています。銀行では審査基準が厳しい傾向にありますが、ノンバンク系の不動産担保ローンに比べて金利が低いといったメリットがあります。また不動産の価値や本人の収入などから厳密に審査されるため、担保価値が低下した場合でも余裕があるので返済が困難になるといったことを回避することができます。




スポンサードリンク