新居へと引越しをする時に旧居の敷金が返ってくることがありますが、その際に多く取り戻す為の引越しの仕方があるのです。

ポイントとしてはまずしっかりと掃除を行うことですが、基本的には隅々まで綺麗にしておくことが望ましいと言えます。




スポンサーリンク

汚れたままの状態にしておくとクリーニング費用が高く掛かることがありますし、特にキッチンまわりや水まわりは汚れ易い傾向がありますので念入りに掃除をするのが基本です。

不用品は確実に処分することも意識した方が良いでしょう。

撤去費用を請求されてしまうことにもなりますので、自分で追加した設備などがあるようならきちんと捨てておくようにしましょう。

入居者が退去をする際には管理会社と修繕についての相談をすることになりますが、その際にはきちんと主張をすることが大事です。

例えば壁紙が汚れている場合、修繕を求められることがありますが、入居者が汚したのならまだしも、自然に発生した汚れだったりする場合は入居者が負担する必要はありません。

しかしながらそういった部分に関しても修繕させようとしてくるトラブルもありますので、どこまでが入居者が負担すべきことなのか、そして負担しなくても良いケースはどういった時なのかということを知っておくことも大事です。

こうしたトラブルを予防する為には引越しをする際にしっかりと写真を残しておくことも意識した方が良いでしょう。

時には最初から汚れや傷みがあったりもしますが、自分が汚したり傷付けたりしたつもりはないと主張をしても、証拠がないとトラブルになることがあります。

ですから入居した時には写真を撮影し、最初からダメージがあったことを主張できるようにしておくのも敷金を取り戻す為のコツです。




スポンサーリンク