スポンサーリンク




賃貸物件を借りる場合には火災保険への加入が半ば強制的に行なわれることになります。
一般的に火災保険は建物に関する保険であり火災事故などを起こした場合の補償を受けることができます。
一方で入居者個別の家財に関しては補償されないため、入居者は家財保険に加入することになります。この時のポイントとなるのが家財保険に「借家人賠償責任」や「個人賠償責任」などの賠償責任保険が付帯されているかどうかです。建物の所有者からすれば、何らかの事故が発生した場合に賠償責任保険に加入しているかどうかが重要になります。

一般的に賃貸物件を借りる場合には不動産会社が指定した火災保険が勧められます手続きの面倒さから指定された火災保険に入る人も多くいますが、相場よりも高い保険料となるケースが多くトラブルの原因となっています。しかし、家財保険に賠償責任が含まれている場合には自ら選んだ火災保険でも良く必ずしも不動産会社が指定した火災保険である必要はありません。また自ら選んだ方が普段の生活をしていく上でも手厚い補償を個別に設定できるメリットがありますし、また必要な補償だけを受けるようにして保険料を節約することができます。例えばマンションの高層階に住んでいる場合には、水災のリスクはほとんどありませんし、温暖な地域であれば雪災のリスクがありません。
一方で、火災保険を任意で加入する場合には保険会社を探さなければいけませんし補償内容も決めなければなりません。また保険料に関しても保険会社によって変わってきますので、選び方が重要になってきます。また不動産会社に伝えて必要な火災保険の保険証券を不動産会社にコピーして送付する必要があるなど手間が掛かるデメリットがあります。




スポンサーリンク