火災保険と住宅

スポンサードリンク



住宅用の総合保険に加入する際、特約の中に類焼補償特約と個人賠償特約が付随するケースが良くありますが、どういった特約なのでしょうか?

類焼補償特約も個人賠償責任特約も他人に対しての補償

ご存知ですか?

ご自宅が火元となり、ご近所の住宅建物や家財が類焼した場合でも、故意または重大な過失がなければ「失火の責任に関する法律」により、その損害について法律上の賠償責任を負わないとされています。

失火の責任に関する法律

民法第709条の規定は失火の場合にはこれを適用せず。但し、失火者に重大な過失ありたるときはこの限りにあらず。

とは言え、ご自宅が火元となり隣家が燃えてしまったり、消火活動による水漏れ損害を与えてしまった場合、ご自身に法律上の賠償責任が生じなかったとしても「お見舞い」だけで済ませられますか?

そこで

類焼損害で補償します!

ご自宅からの出火により、ご近所の住宅建物や家財が類焼し、類焼先の火災保険で十分に復旧できない場合、法律上の賠償責任生じないときであっても、修復費用の不足分を補償します。

例えば、富士火災では、最高1億円まで補償されるようです。また、他の保険会社でも、同様の内容のようです。

(注)住居にのみ使用される「専用住宅」建物にお住まいの場合にご契約いただけます。

一方、出火原因に重大な過失があった場合は、隣家の損害について法律上の賠償責任を負担する必要があるのをご存知でしょうか?

そこで

個人賠償責任特約で補償します!

申込書に記載の住宅の所有・使用・管理、または被保険者(保険の補償を受けられる方)の日常生活に起因する偶然な事故により、他人に怪我をさせたり、他人の物に損害を与えたことによる法律上の損害賠償責任を補償します。

(注)火元になったご自宅に対しては、保険金は支払われません。

類焼補償特約と個人賠償責任特約は、基本的には、セットで加入する特約です。(富士火災海上保険株式会社では)

また、個人賠償責任特約は、住宅用火災保険の他、生命保険や自動車保険の特約としてもある為、住宅用火災保険に特約として付随させる場合は、2重の保険契約にならないよう注意が必要です。
スポンサードリンク