SBI証券

口座開設の際に、初回ログインを行って初期設定を行う必要があります。

初回ログインを行うことでさまざまな投資情報を見ることができるようになるため、忘れずに初回ログインを行いましょう。

難しいことはないので、簡単に行えます。

SBI証券初回ログイン方法と通常ログイン方法

SBI証券初回ログイン方法

ログイン方法ですが、はじめに初回ログインフォームと呼ばれるフォームにアクセスします。

初回ログインフォームはこちらという部分があるので、そこからアクセスすることで初回ログインが行えます。

ユーザーネームログインパスワードを入力後、初回ログイン完了です。

ネームとパスワードは、口座開設の申し込みフォーム受付完了画面と口座開設完了を知らせる郵送物に記載されています。

オンラインで開設した場合はフォームを、郵送で開設した場合は郵送物を確認してみましょう。

ログインが完了した次に行うことは、

  • 連絡先
  • 職業
  • 勤め先
  • 国籍

の登録です。

勤め先は職業によって必須な場合と必ず入力しなければならないわけではない場合があり、必須の時は勤め先の

  • 住所
  • 郵便番号
  • 電話番号
  • 部署名
  • 役職名
  • 証券コード

が必要です。

分からない場合は、調べてから初回設定を行うと良いです。

連絡先の設定はEメールアドレスで、パソコンの他に携帯電話のメールアドレスでも登録できます。

職業や連絡先について設定した次は、世帯主についてです。

世帯主との続柄が必須項目で、続柄によっては

  • 世帯主の名前
  • 生年月日
  • 職業
  • 勤め先名称
  • 勤め先住所
  • 部署名
  • 役職名
  • 勤め先の証券コード

が必要です。

利用者本人または世帯主が上場企業に勤めている場合はインサイダー登録を行うことが求められ、勤め先の会社名・内部者区分も登録します。

上記登録が完了した次は、振込先となる金融機関口座の登録です。

必須項目は

  • 金融機関名
  • 店番号と支店名
  • 預金種別
  • 口座番号

で、SBI証券利用時に口座開設を同時に行っている場合はSBI証券口座を登録することが決められています。

SBI証券口座以外を登録したい場合は、初回設定完了後に設定することができるようになります。

次に登録する内容は、国内株式手数料プランと株式数比例区分方式です。

そして投資に関する質問についての登録とアンケートに協力をし、他に申し込みたい取引口座がある場合は登録をします。

口座開設申し込みと一緒に

  • 信用取引口座
  • FX取引口座
  • 先物やオプション取引口座
  • くりっく株365取引口座

の申し込みができるので、申し込みたい時は必須事項入力後に申し込めます。

SBI証券ログイン

初回ログインが終われば、次からはトップページのログイン入力部分より会員ページに入ることができます。

ユーザーネームログインパスワードを入力後、ログイン完了です。