産後ダイエット

産後ダイエット
出産後、妊娠中に増えてしまった体重が元に戻らなくて困っているというママさんはけっこう多いのです。

授乳することで完全に元に戻ったというママさんもいますが、全ての方がそうではありません。

そうなると待っているのは産後ダイエットです。

産後にダイエットしようと思うのであれば体が自然と元に戻ろうとする産褥期である6か月以内に始めるのがベストです。

この時期が過ぎてしまうと脂肪は逆に落ちにくくなってしまいます。

でも赤ちゃんの育児をしながら運動に出かけるわけにもなかなかいきませんし、どういう方法ならやせられるのでしょうか。





スポンサーリンク

芸能人ママを中心に現在でもとても人気が高い産後ダイエットが体に負担をかけることなく簡単に続けられる酵素ドリンクダイエットです。

体内の酵素が不足してしまうと代謝が落ちてしまってやせにくく、太りやすい体になってしまいます。

酵素ドリンクは朝に飲むことで効果がアップします。

特に空腹な状態で飲むと吸収率が良いので、朝食を食べる30分ほど前に飲んでおくのがおすすめです。

水分なのでおなかもふくれますから食べ過ぎも防ぐことができます。

朝食を食べないという方でもドリンクならばおなかに入りやすいですから栄養バランスをとるためにも飲んでみるのは良いでしょう。

酵素ドリンクもいろいろありますので迷いますが、授乳中でも飲むことがdきるタイプのものもありますから、そちらを選んで継続して飲むようにするといいです。

実は酵素自体は食事の中で少しだけ取り入れることは可能です。

例えば野菜や果物、刺身、肉、納豆、味噌・醤油などの発酵食品には酵素が入っています。

ただ問題なのは酵素は熱に弱いということです。

50度ほどで加熱されてしまうと栄養が壊れてしまうため、生の状態で食べ物を口にする必要があります。

しかしその場合、摂取できる量にも限界がありますのでドリンクで補ってあげるのが良いです。

産後は激しい運動をすることもできませんし、かといって食事制限をしては赤ちゃんに栄養をあげることができなくなります。

授乳をしていればおなかがすくので食欲は止まりませんからつい間食をしてしまい、太ってしまいます。

酵素ドリンクには本当にたくさんの原料が使われていて栄養満点ですし、普段食事ではとりきれない栄養をしっかりと摂取することができます。

酵素ドリンクを選ぶのであれば野菜や果物、野草などがなるべくたくさん入っているものを選択するのがコツです。

酵素ドリンクの中には原料が165種類も入っているものがあります。



もしドリンクで味が気になってしまう方でも今の酵素ドリンクは味にもこだわりを持ち、飲みやすくなっているので安心です。

また栄養満点なだけではなく、美容成分がたっぷりと入っているものもあるのでダイエットと美肌の両方に効果的です。そして選ぶのであれば自然発酵させたものを選びましょう。

授乳しているからというのはもちろんですが、そうじゃない場合でも体に負担のかからないものを体内に取り入れるというのが良いからです。

ただしいくら栄養満点といっても無茶なダイエットは禁止です。一般的に酵素ドリンクは食事の代わりに置換えすることが多いのですが、そうではなく、授乳中は逆に食事を5回や6回に分けて食べることで空腹になる時間を減らす方法で行いましょう。

この5、6回の食事の中に酵素ドリンクも取り入れてしまうのです。

こうすることで無理なくダイエットをすることができます。

ただ5、6回に食事の回数を増やしたからといって食事量まで増やしてしまわないことがポイントです。

食事回数と食事量を増やしてしまっては太ってしまいますから、そこは注意です。

酵素ドリンクはそれにもよりますが、ほとんどの場合アレンジをすることができます。

水で溶かすだけではなく、ヨーグルトに混ぜたり、100%果物ジュースと混ぜてみたりすることで毎日飽きることなく継続することができます。

体重の減り方は個人差もありますのでマイペースに焦らずにすることが大切です。

それは酵素ドリンクダイエットに限らず、他のダイエット方法でも同じです。

また、おやつも絶対に禁止としてしまうとストレスもたまりますので、例えばカロリーの低いゼラチン系のおやつにしてしまうというのもありです。

おいしいゼリーも大量に作ってストックしておくことで節約になりますし、アレンジもできます。

ちょっとした空腹の時でもすぐに食べられるのでドカ食いしてしまうこともありません。

フルーツも摂ることができます。

食物繊維も豊富ですからおなかもすっきりします。

作るといってもゼラチンを溶かして冷蔵庫で固めておくだけなので簡単で赤ちゃんのお世話をする隙間に作れてしまいます。

産後ダイエットはストレスがかからないように楽しみながらできる方法を見つけるのが良いでしょう。

お気に入りのノートを用意して、ダイエットと育児ノートをつけてみるのもおすすめです。




スポンサーリンク