消化酵素の働き

消化酵素の働き

短期間で即効性のあるダイエットをしたいと考えた時に有効なのは、食事制限を行う方法です。

ただ、食事制限というのは、やり方によっては、体に大きな負担をかけてしまう事もあります。

ですから、極端な方法を選ぶのではなく、体に無理なく出来る方法を選ぶようにする事が有効です。

最も手軽な方法は、ファスティングです。

これはプチ断食とも呼ばれる方法で、週末等を利用して行います。

方法はとても簡単で、1日から3日程度、固形物を摂取しないようにするだけです。

断食といえばとても辛いのではないかと考える人も少なくないでしょう。

ですが、ファスティングでは、胃腸に大きな負担がかかる固形物の摂取をしないだけで、この期間は、酵素ドリンクやジュース、ヨーグルト等を摂取して過ごす事になります。

摂取する飲み物等の内容は、ファスティングの方法によっても異なりますが、より効果的に痩せたいと考えるのであれば、体内の酵素を増やしてくれる酵素ドリンクを中心にする事が有効です。



それにより、ファスティングによって胃腸を休めるだけでなく、体内の酵素量を増やし、基礎代謝を高め、より痩せやすい体を作っていく事が出来ます。

更に、ファスティングは期間を自由に設定できます

しっかりと効果を実感したいなら3日程度を目標にする事も有効ですが、最初は半日や1日から始めるという事も有効です。

実際にファスティングを始める時は、ファスティング当日だけでなく、その前後の食事も重要になってきます。

断食をする前にはしっかりと食事を食べておきたい、断食が終わったら、しっかりと食事を食べたいと考えてしまう人は少なくありませんが、急激に食事を抜く、食事を抜いた後に急激に食事を摂取するというのは体によくありません。

ですから、ファスティングを始める前には、前日からお粥等に切り替える等、徐々に食事の量を減らし、体をファスティングに向けて最適な状態にしておく事が大切です。

それにより、急に体内に入ってくる栄養素が減少しても、体がついていきやすい状態を作れます。

そして、ファスティングが終わった後も、お粥等、体に優しい食べ物から始めていく事が有効です。

ファスティングは痩せたいと考えた場合に有効な方法ですが、それだけではなく、常に働き続けている胃腸等をしっかりと休める期間を作る事で、体を内側からリセットしていく事が出来るようになります。





スポンサーリンク

その為、ただ痩せるのではなく、健康的に痩せたいと考えた場合にも最適な方法のひとつです。

ただ、週末まで待つのではなく、もっと早くダイエットを始めたいという人もいるでしょう。

そんな時は、夜間だけや半日の断食を考えてみる事も有効です。

これは一日の間の食事の時間を決めておく方法です。

一日の間に12時間、食事をしない時間を作るというだけでも、半日の断食効果を得る事が出来ます。

その為には、朝7時に食事をしたら、昼食を食べ、夕食は7時までに済ましておく等、食事の時間をしっかりと意識しておく事が重要になってきます。

可能であれば、断食の時間は12時間以上を設定すると、より効果が高くなります。

ですから、休日等は、1日3食を食べる場合であっても、3食を8時間以内に食べるようにするだけで、食べない時間を長くしていく事が出来ます。

食べずにいる時間が長くなると辛いのではないかと考える人もいるでしょう。

ですが、12時間、食べない時間を作る場合であっても、その半分以上の時間は睡眠等に充てられる時間です。

ですから、日中に固形物を食べず、酵素ドリンクやジュースのみで過ごすファスティングよりも、更に手軽に行う事が出来ます。

ただ、これらの方法を行う時に意識しておかなければいけないのが食事の内容です。

夜間は食事をしないのだから、昼間はしっかりと食べておいても良いのではないかと、多くのカロリー摂取をすると、上手くダイエット効果を得られない事になります。

極端な食事制限をするという必要はありませんが、一日の摂取カロリーをしっかりと意識した食事をするようにしておく事が大切です。

そして、可能であれば、普段よりも少しヘルシーな食事を心がける方が、早く効果が出やすくなります。

更に体に溜まった脂肪をしっかりと燃焼させたいと考えた場合、食事によるダイエットだけでなく、運動を組み合わせていく事が有効になりますが、この時に注意をしておきたいのが、有酸素運動のみを行うのではなく、筋トレも組み合わせる事です。

脂肪というのは、体にしっかりと筋肉がある状態のほうがより燃焼しやすくなります。

それだけに、有酸素運動を行う前には、ストレッチを行う等、筋肉を鍛えておく事が有効です。

それにより、普通に有酸素運動を行う時よりも、更に脂肪が燃焼しやすい状態を作れます。

痩せたい部位があるのであれば、その部位の筋肉をしっかりと鍛えた上で、有酸素運動を行っていく事が有効です。

短期間で痩せたい場合、効率も意識しておく事が大切です。




スポンサーリンク