糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエット
10キロ痩せたいといっても、いつまでに痩せたいのかということを決めておいたほうが良いです。

ゆっくり痩せるのか、それともある程度急ぐ必要があるのか、でやり方も変わってきます。

世の中にダイエット法はたくさんあり、飽和状態です。

その中からどれを選ぶかですが、これは自分に合ったものをチョイスして、組み合わせて使っていくのがベストです。

例えば、糖質制限ダイエットは1日の糖質摂取量を60gまでに抑えるダイエット法です。

この方法だけで痩せるのも可能ですが、それと合わせて脂肪燃焼効果の高いヨガや水泳などの有酸素運動を組み合わせてみたり、他の食べ順を変える方法を組み合わせるなど、自分なりにアレンジすると良いです。





スポンサーリンク

ダイエット方法は、すでに出尽くした感があります。

それでもまだどんどん新しい方法が出てくるのは、万人に効果のある方法がないからです。

体質やライフスタイルによって、同じ方法を採用していても得られる効果は違います。

ある人は10キロすぐに落とせる方法でも、ある人にはかえってストレスになってリバウンドさせてしまう方法だってあるということです。

それならば、いくつか方法を試して自分の体質とライフスタイルに合う方法をアレンジしてみれば良いでしょう。

自分だけのオリジナルの方法を作れば、最大の効果が期待できます。

どの方法にするかですが、基本的には食事の管理は必ず行ったほうが良いです。

「運動だけで痩せる」という人もいますが、

運動で消費できるカロリーはごくわずかですし、運動することでお腹が空いてかえって食べ過ぎてしまう可能性があります。

オリンピックに出るようなプロのアスリートでない限り、運動だけで何千カロリーも消費するのは難しいです。

一般の人は、食事系の方法をベースにして、それに後付けして他の方法を組み合わせていくと良いでしょう。

10キロ落としたい人にオススメなのが、糖質制限です。

もともとは糖尿病の人の治療目的で考えられた方法ですが、

最近では様々な病気の予防や改善に効果が期待できるとされて、注目されています

糖質制限は、その名の通り糖質の摂取を制限します。

具体的には1日60g以下を目標にします。

お菓子などの甘いものだけではなく、米、小麦、イモ類などの主食類にも糖質は含まれています。

日本人はご飯とおかずという食事文化が根付いているので、糖質の過剰摂取になりがちです。

糖質制限ダイエットにとってオススメ商品




糖質制限食品がブームとなりつつありますが、

麺においては「こんにゃく」や「大豆」を使ったものが殆んどです。

低糖食堂では糖質量を抑えながら美味しさにこだわり、

生めんタイプの低糖質麺をつくりました。

スープ・薬味も同様に糖質量にこだわり、麺・スープ・薬味を合わせた糖質量は約21gです。(ご飯1杯の半分以下) 

こんな方にオススメ
・炭水化物を控えている 
・ダイエットをしている
・お腹周りが気になる
・体重が気になる 
・糖質量が気になる 方など

ダイエットや様々な理由で糖質が気になる。でもラーメンが食べたい。そんなお客様に、オススメです。

実際やってみて効果のあった糖質制限ダイエットプログラム

中年おやじでもできる糖質制限ダイエット




高血圧が限界値…。
でも仕事・飲み会・ストレスで今人気の糖質制限ダイエットは無理!と
働き盛りの方のゆるゆるダイエットのセットです!
社長、田中の実践マニュアル小冊子付きで中年になると低下する基礎代謝に
基礎代謝アップ成分を補給し元気ハツラツ・エネルギッシュな毎日をお届けします。
※実践マニュアル冊子が結構オススメです。

糖質60gを目指すならば、1日3食の食事のうち主食の摂取は2回までを上限にするようにします

短期間で痩せたい場合には1日の主食摂取回数を0〜1回に減らしたほうが良いでしょう。

そのぶん、肉、魚、卵、野菜、などの糖質が少ないおかずメニューをメインに食べるようにします。

糖質制限すると、脳の唯一の栄養素であるブドウ糖が足りなくなって危険という意見がありますが、

脳はブドウ糖を唯一の栄養源にしているわけではありません。

糖新生といって、体の脂肪を分解してケトン体という物質を作り出し、

それをブドウ糖の代わりにして活動することができます。

糖新生が行われれば、体脂肪が減りますし、脳への栄養も供給されるので一石二鳥です。

どうしても主食がやめられないという人は、食べ順ダイエットを組み合わせるとマシになります。

食べ順を変えるだけの方法で、

最初に野菜、2番目におかず、最後に主食を食べることで、

小腸からブドウ糖が吸収される速度が緩やかになります。

すると肥満ホルモンのインシュリンの分泌が抑えられるので、太りにくくなります。

これは低GI(グリセミック指数)ダイエットの考え方にもつながります。

糖質さえ摂取しなければ、脂肪細胞を膨らませる原因になるインシュリンの分泌が防げます。

インシュリンの分泌を促す栄養素は、糖質だけです。

それ以外のタンパク質と脂質は影響しないので、食べても体脂肪の蓄積の心配はありません。

ただし、脂質を摂りすぎるとすでについている脂肪が分解されづらくなったり、

消化器官に悪影響を与える可能性があるので、タンパク質メインに摂取するようにしましょう。

脂質が適度でタンパク質が豊富で食べやすい食品でオススメなのが、ゆで卵です。

作り置きしておけば1〜2日は持ちますし、お弁当として持参することもできます。

コンビニでも単品で売っているので、コンビニで食事を買うことが多い人にもオススメです。

どうしても主食をがっつり食べたくなった時には、豆腐を1丁食べてみるのもオススメです。

ご飯の代わりとして食べたり、ご飯に混ぜて食べると糖質制限の時の主食が食べたい欲求を抑えることができます。

さらに早く痩せたいならば、食事の他に有酸素運動をしてあげると脂肪燃焼が促進されます。

脂肪燃焼効果が高いのは、ウォーキング、ヨガ、水泳、などです。

基礎代謝を高めてリバウンドを防ぎたいならば、スクワットやダンベル運動などをすると、

太い筋肉を鍛えることができて痩せやすく太りにくい体質にできます。

いろいろ組み合わせて自分のオリジナルの方法を見つけるようにしましょう。





スポンサーリンク