【朝15分のウォーキングが人生を変える】No.2

こんばんは!

DIY企画のDaiGoです。

今日は

「朝15分ウォーキングが人生を変える」

についてお話しします。

 

朝のウォーキングが体に良い・・・

朝に運動することはわかってる!
と言われそうです(笑)

では、朝のウォーキングが
体にどのような影響を与えるのか
ご存じでしょうか?

朝ウォーキングをして
太陽の光を浴びます。

すると脳内で

セロトニンという物質が
分泌されます。

このセロトニンというのは
別名「幸せホルモン」と呼ばれ

集中力を高めたり、
前向きな気持ちにさせる
効果があります。

さらに、セロトニンは、
夜寝る時にメラトニンという物質に
変化します。

このメラトニンは、
質の良い睡眠効果が期待される
ホルモンになります。

朝15分の散歩で
その日の仕事効率の活性化だけでなく

続けることで、不眠症などの改善や
体調の改善、気持ちがアクティブになる

といった正にいいこと尽くしですね(^▽^)/

更にウォーキングは公園などがより良い効果を
もたらしてくれるようです。

通勤で15分歩くから大丈夫・・・
という訳では無く、少し早く起きて
15分のウォーキングの時間を取ることで

正に人生の質が上がるのではないでしょうか?

一度試してみて下さい(^▽^)/