住宅所有者が経年劣化と思っている損傷でも、

火災保険申請のプロが見れば、

経年劣化として

見逃しやすいポイントを

把握しているので、

火災保険の請求対象と判断できます。

細かい、屋根瓦のひび割れや

外壁の小さな傷や雨どいの歪みなどなど、

家全体をプロが見渡せば実は沢山あるのです。

この損傷を見逃さず、

現場調査して、

最大限に保険が下りるように

サポートしてもらえるサービスです。