光熱費

前回は固定費の見直しとして
スマホ料金について解説していました。

今回は、光熱費に
フォーカスを向けていきます。

電気・ガス・水道は生活には
欠かすことのできない
大切な生活源ですよね。

以前は、電気は各地域の電力会社、
ガスは各地域のガス会社というように
完全に決められていました。

しかし、

今は電気もガスも
自由に選べる時代になり、
多くの企業も参入しています。

エネルギー産業といわれる
大手の電力会社や
ガス会社、石油会社など、

前からエネルギー事業を行っている
会社もあれば、

携帯電話などの通信を利用し

電気とセットで
割引する会社もあります。

他にも、
エネルギー関連産業ではない

住宅メーカーや家電量販店、
鉄道会社など

全然違う業種からの参入も
多く見られます。

今は私達が
たくさんの選択肢の中から、

条件に合った会社を選べる時代に
変わりました。

電気やガスは
ほぼ毎日使いますよね。

だからこそ上手に活用し、
少しでもお得に安くできるように
見直す必要があるのです。

インターネットで検索したら、
すぐにいろいろな会社やプランが出てきます。

申込も簡単な時代です。

上手に活用して支出カットにつなげましょう。

【光熱費の大幅削減ができる!?】

お金が増える

電力の自由化になってから
電力切り替えの営業増えていませんか?

あの営業には注意が必要です!

「今ならこれだけ安くなります・・・」

と言って、安くなるところに
フォーカスを向けてアピールしてきます。

全体を見るのではなく、
部分的、対象も
今の電気会社とアピールしている電気会社で

「安くなるならいいか」

といった感じで契約してしまう人が
本当に多くなりました。

本当は、もっと多く安くなる
電力会社があるのに・・・

電力会社の契約を見直す場合は

【もっと広い目線で最適な会社を選ぶ】
必要があります。

そこで便利なのが

「エネナビ」になります。

お住いのエリアごとで
『本当に安くて良い電力会社』
を比較しながら選ぶことができます。

しかも、変更手続きなども
全てやってくれます。

電気料金の検討は
『エネナビ』がおススメです(^▽^)/
↓ ↓ ↓ ↓